シングルマザーの厳しい生活

シングルマザーの厳しい生活

シングルマザーには貧困層が多いには認めたくない現実です。

日本は離婚率が上がり、シングルマザーやシングルファーザーが増えています。

片親の中でもシングルマザーの貧困率はかなり深刻な問題です。

実際にシングルマザーになってみないと、この生活の厳しさを知ることはないでしょう。

近くにシングルマザーがいたとしても、細かい生活事情まで知らないですよね?

だってこちら側はそこまで言えませんもん、情けない話ですし。

1人になったからこそ弱みを見せられなくなるものです。

なのでここで、シングルマザーの厳しい生活を知ってもらおうと思います。

エスタ公式HPで
資産形成を始める

シングルマザーの現実

きっと皆さんが思ってるよりも重い現実がこの先に待っています。

シングルマザーの貧困率が高い理由

シングルマザーが貧困に陥りやすい理由はいくつかあります。

①正規雇用につきにくい

シングルマザーというだけで、雇う側は敬遠する場合が多いです。

理由としては子供を理由に急な早退や欠勤が少なくないからです。

どうしようもない理由ではありますけど、雇う側だって急に休まれては困ります。

なので正規雇用にはつきにくい現状にあります。

②子供が幼い内に離婚してしまう

離婚する家庭の多くは10年以内という結果が出ています。

その中でも5年以内という家庭もかなり多くなっています。

つまり子供が小さい内に離婚してしまうので、1人で育てる期間が長くなってしまいます。

③養育費を貰えない

私はまだ貰ってるのでマシな方ですが、養育費を貰えないというシングルマザーは多いです。

相手と関わり合いたくない、相手に支払い能力がないなど理由はさまざまですが、養育費の問題はかなり大きい問題です。

生活や食事の実態

シングルマザーの家庭では、母親が食事を取らないということが珍しくありません。

子供たちの食事を削ることはできませんが、自分が取らなければ食費が浮くという発想になります。

そのため1日1食の母親が多いです。

中には子供の食事も安くて栄養の偏ったものを食べさせている家庭だってあります。

それ以外にも水道代やガス代をケチるためにお風呂や洗濯の回数を減らす家庭もあるくらい、当たり前の生活が送れない人が大勢います。

その他の問題

大きな問題は貯金ができないということでしょう。

常にお金がないので、中には借金までしてしまう人もいます。

そうしたことをきっかけに負の連鎖に拍車がかかってしまうのです。

ただでさえ貧困なのに借金まで背負ってしまって、どん底に落ちてしまう人がいるのも深刻な問題です。

色んな支援があるのに頼れない人もいますし、1人で抱え込んでいるシングルマザーが声を上げられないのが一番の問題だと思います。

だからこそESTA(エスタ)が救ってくれる

私もシングルマザーで困っていた身ですが、それ以上に苦労している人は大勢います。

その人たちを助けたいからこそESTA(エスタ)をオススメしているんです。

人に頼れないなら、ESTA(エスタ)に頼ってみてはいかがですか?

お金の問題は相談しにくいですし、であれば尚更ESTA(エスタ)が救世主になってくれます。

エスタ公式HPで
資産形成を始める
TOPページを見る